ひょんなことから、都会での生活に別れを告げ、田舎で暮らすことになった筆者の、田舎暮らし体験記。



   
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
<< 2017 >>
プロフィール

marysch

Author:marysch
元シティー・ガール♪
田舎に来てペーバードライバーから真のドライバーに華麗な転身を遂げ、最も苦手だった裁縫や石けんづくりを始めて日銭を稼ぐようになる。必要に迫られた生活の中で日々能力開発が行われている。
只今、夫(里野耕治)と共に、自然農法での米作りに奮闘中!
2008年末、理想の家が完成し、限界集落である綾部市・市志に移り住む。翌年には、男の子も授かり、すくすく育つ腕白坊主に手を焼きながらも、2012年、今度は第2子誕生。WWOOFERさんに助けられながらの田舎暮らし、毎日が楽しく賑やかです♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
AMAZONサーチボックス


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

百姓わかいもんの出会いの会

   


006+1.jpg

昨日、今日と、家族で「百姓わかいもんの出会いの会」に
キッチンスタッフとして参加してきた!
今回が14回目になるのだが、最初は10人くらいから始まって
今ではなんと!色んなところから100人近い参加があるのだから、驚きである!
私たちは、今回で3回目の参加となるが、スタッフとして参加したこともあり、
いろんな人が準備段階から洗い物まで何かと手伝ってくださり、
そのおかげでたくさんの人と交流する機会を得て、とてもラッキーだった!

それにしても、「百姓わかいもんの・・・」となっているが、
実際には年齢も、職業も、住んでるところも、様々で、
農に関心がある人や実際に携わってる人を中心に垣根なく集まってる感じである。

耕治は、炭を使った農業や、飲み水用のろ過装置の作り方、養蜂の話など
いろんなことを聞けてとても充実していたようだ。
私も、美山の人から、綾部にとてもおもしろい保育園があることをおしえてもらったり、
キッチンスタッフ中、優輝を見ていただいたことがご縁で、
山羊を飼ってる農園のスタッフさん、カラーセラピスト、桃農園の若夫婦、
ガスを引かずに薪や炭だけで煮炊きしている家族など
いろんな人との出会いがあり、とても刺激的だった。
行くまでは正直、めんどうくさいと思ってしまう私だが、
毎年、少しずつ、知り合いが増えていくので、続けて参加する価値ありだと思った。

20100207_569124.jpg
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

テーマ:  楽しく生きる
ジャンル:  ライフ



この記事のトラックバックURL:
http://marysch.blog82.fc2.com/tb.php/220-2fc3ad8a
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。