ひょんなことから、都会での生活に別れを告げ、田舎で暮らすことになった筆者の、田舎暮らし体験記。



   
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
<< 2017 >>
プロフィール

marysch

Author:marysch
元シティー・ガール♪
田舎に来てペーバードライバーから真のドライバーに華麗な転身を遂げ、最も苦手だった裁縫や石けんづくりを始めて日銭を稼ぐようになる。必要に迫られた生活の中で日々能力開発が行われている。
只今、夫(里野耕治)と共に、自然農法での米作りに奮闘中!
2008年末、理想の家が完成し、限界集落である綾部市・市志に移り住む。翌年には、男の子も授かり、すくすく育つ腕白坊主に手を焼きながらも、2012年、今度は第2子誕生。WWOOFERさんに助けられながらの田舎暮らし、毎日が楽しく賑やかです♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
AMAZONサーチボックス


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

我が家で本格フレンチ♪

   


DSCF3587.jpg

今日の深夜、舞鶴からフェリーで北海道へ向かう
ジェロムとアデリンのフランス人夫婦が
私たちのためにフランス料理を作ってくれることになった。
そこで、必要な材料をリストにしてもらったのだが、
「何々・・・、生クリーム 1リットル。えっ?1リットル?」
1箱の間違いじゃないかと思って聞いてみるが1リットルだという。
生クリームは日本では結構いい値段するが、フランスでは安いらしい。
そんなわけで、400mlで堪えてもらったが、
材料全般的に、日本であまり使わないものが多かったからか
普段ないような金額の買い物になってしまった。
これからは、一品だけにしてもらおうなと耕治と反省しながら店を出た。

今晩の出発ということで、
午後から荷物の整理と夕食の準備にとりかかってもらったが、
とても手間がかかっているようだった。
夕方、30分ほど火の用心の当番で一緒に集落を周ってもらって、
さていよいよ、ディナーである。

茄子で作ったペーストをトーストに塗って食べる前菜。
人参ケーキ。
そして、ポテトグラタン。(これに生クリームが大量に使われていたらしい。)
そして極めつけが、チョコレートケーキだ♪
どれも、私たちにはあまり馴染みのない味で、フランス料理という感じだった。
しかし、すごく美味しくて、とても幸せな気分になる。
まさか家に居ながらにして、こんな本格的なフランス料理が食べられるとは。
料理のうまい二人に感謝!

DSCF3593.jpg
DSCF3600.jpg
DSCF3609.jpg
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

テーマ:  田舎暮らし日記
ジャンル:  ライフ



この記事のトラックバックURL:
http://marysch.blog82.fc2.com/tb.php/240-dcb8ae9e
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。