ひょんなことから、都会での生活に別れを告げ、田舎で暮らすことになった筆者の、田舎暮らし体験記。



   
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< 2017 >>
プロフィール

marysch

Author:marysch
元シティー・ガール♪
田舎に来てペーバードライバーから真のドライバーに華麗な転身を遂げ、最も苦手だった裁縫や石けんづくりを始めて日銭を稼ぐようになる。必要に迫られた生活の中で日々能力開発が行われている。
只今、夫(里野耕治)と共に、自然農法での米作りに奮闘中!
2008年末、理想の家が完成し、限界集落である綾部市・市志に移り住む。翌年には、男の子も授かり、すくすく育つ腕白坊主に手を焼きながらも、2012年、今度は第2子誕生。WWOOFERさんに助けられながらの田舎暮らし、毎日が楽しく賑やかです♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
AMAZONサーチボックス


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

バカンス4日目♪

   
今朝、起きると、同室の前嶋さんが尋ねてきた。
夜中の2時ごろ、トイレに行こうと、私のベッドの横を通り過ぎる時、
なんと、私が「オイオイ!」と声をかけたらしいのである。
「あれ?呼ばれたかな?」と思って、しばらく待っていたらしいのだが、
その後反応がなかったので、トイレに行ったと教えてくれた。
私はその頃、熟睡していたので、前嶋さんがトイレに行ってたことも知らない。
私自身、寝てる時に歯ぎしりをしてるというのは、
身内をはじめ、色んな人から聞いて認識はしていたが、
寝言を言うというのは、言われたことがなかったので驚いた。
しかも、オイオイって。。。
寝言まで言うようになったのかなあ。
訳のわからないこと言わないでくれるといいけど。(笑)

そういえば、昨夜も耕治はお見舞いに来てくれたのだが、
その時に、耕治のお母さんから、お見舞いのお菓子が届いたらしく
それを持ってきてくれた。
今日、そのお菓子を同室のみんなに配ったところ、
よくテレビでも紹介されているとても有名なところのお菓子だという。
私も耕治もそんなことは全く知らないが、確かに美味しい♪
お母さんの気遣いがありがたいと思った。

今日は、その前嶋さんが外泊でいなくなり、
病室には、山下さんと美希ちゃんと私の三人だけとなったが、
すでに三人ともカーテンオープン状態だったので、
結構、色んなことをおしゃべりして、賑やかな一日だった。

それにしても、たまたま、隣の病室の貞光さんから
「今年は、60年に一度のラッキーな辰年で、
子供が親にお金を運んでくれる年らしい」と聞いて、
私たちの誰もが、「超ラッキー♪」と大喜び♪
さて、それぞれ、どんな大人に育っていくのだろうか?
ますます楽しみである♪
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(1) | page top |

テーマ:  マタニティライフ
ジャンル:  育児



この記事のトラックバックURL:
http://marysch.blog82.fc2.com/tb.php/289-87960450
今朝、起きると、同室の前嶋さんが尋ねてきた。夜中の2時ごろ、トイレに行こうと、私のベッドの横を通り過ぎる時、なんと、私が「オイオイ!」と声をかけたらしいのである。「あれ?呼ばれたかな?」と思って、しばらく待っていたらしいのだが、その後反応がなかったので...
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。