ひょんなことから、都会での生活に別れを告げ、田舎で暮らすことになった筆者の、田舎暮らし体験記。



   
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< 2017 >>
プロフィール

marysch

Author:marysch
元シティー・ガール♪
田舎に来てペーバードライバーから真のドライバーに華麗な転身を遂げ、最も苦手だった裁縫や石けんづくりを始めて日銭を稼ぐようになる。必要に迫られた生活の中で日々能力開発が行われている。
只今、夫(里野耕治)と共に、自然農法での米作りに奮闘中!
2008年末、理想の家が完成し、限界集落である綾部市・市志に移り住む。翌年には、男の子も授かり、すくすく育つ腕白坊主に手を焼きながらも、2012年、今度は第2子誕生。WWOOFERさんに助けられながらの田舎暮らし、毎日が楽しく賑やかです♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
AMAZONサーチボックス


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

かわいいお客さま第一号

   
DSCF1700.jpg

農家民泊をオープンしたものの、
私の妊娠・出産で落ち着かず、
まだお客様の受け入れをしたことがなかった。
ところが今日、「こどもプロジェクト」の一環で
綾部市内の小学生3人をお客様として迎えることになった。
と言っても、お客さま扱いしないで、
色々、お手伝いをしてもらって下さいということで、
布団の上げ下げから、朝の掃除、自分が食べた分の食器の片付け、
田んぼの草取りから優輝や優菜の子守りまで、
ほんとによくやってもらった。
優輝も、「おねえちゃん!おねえちゃん!」と大喜びである。
数日、一緒に過ごすうちに、本当の兄弟のように見えてきて、
こういうお兄ちゃん、お姉ちゃんが近所にいてくれたら
どんなにいいだろうと思わずにはいられなかった。

それにしても、子供というのは
何もなくても自分たちで楽しむことを探し出してくるもので
本当に、楽しむことの天才だと思った。
それに比べて、私は毎日、時間に追われてて、
いまいち日々を楽しみ切れてないような。。。
洗濯ものがたまってる!とか、ご飯作らな!とか
薪ボイラー沸かさな!とか、子供たちをお風呂に入れな!などなど。。。
ああ、あんな風に、なんでも楽しめる術を身につけたい~!
スポンサーサイト
| comments(2) | trackbacks(0) | page top |

テーマ:  田舎暮らし日記
ジャンル:  ライフ

京bizS 見ましたよ
京bizS 見ましたよ

現在 大阪府和泉市で障がい児者支援をしています
NPO法人サポートグループほわほわの会です

子供たちが楽しそうで 見ていてうらやましく思いました
大変なことのほうが多いかもしれませんが これからもがんばってください
Re: 京bizS 見ましたよ
ほわほわの会さま

励ましのメッセージありがとうございます♪
今回は、綾部市内の子供たちということで、うちに来てもさほど珍しいものはないかと思っていたのですが、
田舎具合が違うようで(^^;)、自然の中でとても楽しんでくれていました。
同じ綾部市内とは言え、川の水を見ても、「すごくきれい~♪」と言っていたので、
これがもっと都会の子供たちだったら、どうなんだろうと思いました。
今後は、ぜひ、都会の子供たちにももっとたくさん来てもらって、
自然の中で思いっきり遊んで楽しんでもらえたらいいなと思います。(*^_^*)


この記事のトラックバックURL:
http://marysch.blog82.fc2.com/tb.php/303-fd1750fb
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。