ひょんなことから、都会での生活に別れを告げ、田舎で暮らすことになった筆者の、田舎暮らし体験記。



   
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 2017 >>
プロフィール

marysch

Author:marysch
元シティー・ガール♪
田舎に来てペーバードライバーから真のドライバーに華麗な転身を遂げ、最も苦手だった裁縫や石けんづくりを始めて日銭を稼ぐようになる。必要に迫られた生活の中で日々能力開発が行われている。
只今、夫(里野耕治)と共に、自然農法での米作りに奮闘中!
2008年末、理想の家が完成し、限界集落である綾部市・市志に移り住む。翌年には、男の子も授かり、すくすく育つ腕白坊主に手を焼きながらも、2012年、今度は第2子誕生。WWOOFERさんに助けられながらの田舎暮らし、毎日が楽しく賑やかです♪

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
AMAZONサーチボックス


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

かき小屋 美味星(オイスター)

   
P1120787.jpg

実は昨日に引き続き、今日もかきを食べることになっていた。
西舞鶴にある、かき小屋『美味星(オイスター)』である。
新鮮な牡蠣を蒸し焼きにして、食べさせてくれるのだ。
そもそも、こちらの方を先に予約していて、
昨日はたまたま行った先で、安い牡蠣を見つけたので
思わず買ってしまったのだった。

そんなわけで、結果的に二日連続で美味しい牡蠣を食べることになったのだが、
大きな鉄板のあるテーブルを4組のお客が囲んで、
牡蠣が蒸しあがるのを待つ。
何気なく、隣のお客さんと会話していると、
牡蠣が大好きで、なんと向日市から夫婦で来られたのだと言う。
そんな遠くから来られたのならと、ついつい昨日のお得情報をお伝えすると、
「まあ、じゃあ、昨日も牡蠣を食べてらしたのね!」と驚いていた。

きっと彼らは思ったに違いない。
「となりの客は、よく牡蠣食う客だ」と。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |

テーマ:  幸せなひととき
ジャンル:  結婚・家庭生活



この記事のトラックバックURL:
http://marysch.blog82.fc2.com/tb.php/330-336cb22a
| TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。